どんな栄養があるのですか?

アラゲキクラゲに含まれる栄養素の中でも最も注目を集めるものをご紹介いたします。

ビタミンD

カルシウムやリンの吸収を促進し、骨や歯への沈着を助けるビタミンD。鮭やマグロなどの魚に多く含まれる栄養素ですが、アラゲキクラゲは、乾燥では紅鮭の2倍以上、ゆでたものでもクロマグロの2倍以上のビタミンDが含まれています。また、近年の研究結果では、免疫力を高める効果や、高血圧や心筋梗塞など循環器系の生活習慣病の予防にも関連しているといわれるようになってきています。食生活の変化に伴い現代人には不足しがちともいわれるビタミンD。美味しく効率よく取りたいですね。

不溶性食物繊維

美容の大敵便秘。この解消に効果があると言われるのが不溶性の食物繊維ですが、アラゲキクラゲには、この不溶性食物繊維がとても豊富に含まれています。麦類や豆類に多く含まれるといわれる不溶性食物繊維ですが、アラゲキクラゲには、乾燥では小豆の約4倍、ゆでたものでも、グリーンピースの倍程度が含まれています。万病の元ともいわれる便秘の解消に、アラゲキクラゲをお役立て下さい。

アラゲキクラゲの栄養成分表

    

成分名 値(ゆで/乾燥) 単位
エネルギー 35/171 kcal
146/715 kJ
水分 82.1/13.1 g
たんぱく質 0.8/4.6 g
脂質 0.1/0.7 g
炭水化物 16.7/79.4 g
灰分 0.3/2.2 g


ナトリウム 10/46 mg
カリウム 1/630 mg
カルシウム 35/82 mg
マグネシウム 24/110 mg
リン 11/110 mg
1.7/10.4 mg
亜鉛 0.1/0.8 mg
0.04/0.18 mg
マンガン 0.20/1.15 mg



D 14.7/69.6 μg
B1 0.01/0 mg
B2 0.07/0.44 mg
ナイアシン 0.1/1.7 mg
B6 0.01/0.08 mg
葉酸 1/15 μg
パントテン酸 0/0.51 μg



水溶性 1.3/6.3 g
不溶性 15.0/73.1 g
総量 16.3/79.4 g

※アラゲキクラゲの栄養成分情報は、文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「日本食品標準成分表2010」「日本食品標準成分表準拠アミノ酸成分表2010」「5訂増補日本食品標準成分表脂肪酸成分表編」によるものです。
※効果効能は体質や、生活習慣、様々な要因などにより個人差が生じます。


沖永良部のきくらげを紹介した動画です

メタ情報