会社概要

沿革

1976年
(昭和51年)
南栄糖業株式会社他、協和発酵工業株式会社・協和エンジニアリング株式会社の3社株式構成のもと、CSバイオ㈱を設立、製糖副産物のバガス活用研究を重ね、バガスを培地とした「キクラゲの培養法」の特許取得。(その後関連する3件の特許を取得、試験栽培に成功)
科学技術料長官奨励賞を受賞
1984年
(昭和59年)
大型培養工場を建設、アガリクス・霊芝の国産初の栽培に成功。(その後協和発酵工業㈱・協和エンジニアリング㈱の2社は撤退。)
2008年
(平成20年)
南栄糖業株式会社より全てのノウハウを受け継ぎ、沖永良部きのこ株式会社を設立。操業を開始し現在に至る。

会社概要

名称 沖永良部きのこ株式会社
所在地 〒891-9123
鹿児島県大島郡和泊町皆川891番地 〔地図
設立 平成20年4月30日
代表者 今井 宏毅
会社の目的 きのこ類の培養栽培(アガリクス・キクラゲ・霊芝)ならびに加工販売・肥料・飼料製造販売

沖永良部のきくらげを紹介した動画です

メタ情報